Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

BuzzFeed Medical

「もうちょっと生きたかった」「みんなのそばにいたかった」 二人の娘を遺して子宮頸がんで亡くなった妻の想い

日本では子宮頸がんで毎年3000人が亡くなるのに、その悲しみは表に出てきません。子宮頸がんで亡くなった妻はなぜ最後まで治療を諦めなかったのか。何を願っていたのか。遺された夫と6歳の双子の娘たちにお話を伺いました。

ファクトチェック

「バイデン氏の当確取り消し」フジ解説委員が誤情報拡散→削除。テレビ局側は「遺憾」

発端となったのはトランプ氏の側近。情報はサイト側にも否定されていたが、日本ではその後も「まとめサイト」などを通じて拡散し、フジテレビも上席解説委員の署名記事でこの情報を一時掲載していた。記事はその後、削除されている。

アメリカ大統領選2020

BuzzFeed防災ーあなたと大切な人の命を守るために

3連休を迎えるあなたへ。尾身会長が伝えたい、たったひとつのこと

飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり、こうした5つの場面に注意が必要だ。

「Go Toが感染拡大の主因というエビデンスない」。それでも専門家が見直しを求める理由

新型コロナウイルス感染症対策専門家分科会は16回目の会合で感染が拡大する地域での感染対策の強化を提言。3週間程度、集中して取り組むべき6つのポイントが提示された。

「外国人(がいこくじん)に つたえたい」ベトナムご、タガログご、ネパールご、ミャンマーご で 動画【やさしい 日本語 の きじ】

コロナウイルス に ならない ためには。東京都(とうきょうと)の 小池(こいけ)都知事(とちじ)が YouTube 動画(どうが)で ベトナムご、タガログご、ネパールご、ミャンマーご で 話(はな)しました。

HPVワクチン、日本でも男性に接種拡大へ 12月4日に厚労省審議会で審査

日本では女子だけが対象となっているHPVワクチン。12月4日に厚労省の審議会で、男性接種の拡大の可否が審査されることになりました。

小池さん、ベトナム語しゃべってる…?タガログ語とネパール語も話せるの…!? 各言語でコロナ感染対策を呼びかけた背景

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、東京都の小池都知事が、英語のほか、ベトナム語、タガログ語、ネパール語でも感染予防対策を呼びかけました。

日本で待っています。自動車修理屋さんが慣れないタイ語で手紙を書いた理由

来日の日を待っているタイ人の技能実習生に、奈良県の社長が手紙を書きました。社長が技能実習生を迎え入れる思いとは。

「年越し派遣村」再来も? 年末年始に最大3393世帯が家を失う可能性。支援団体が再び支援の拡充を要望

最大で9ヶ月と定められている「住居確保給付金」の期限が迫っている。4月に受給を開始した人の場合、12月末で期限が切れる。住まいを失う人が続出しかねない状況に、支援団体は支援拡充を要望した。

女性芸能人の「フェイクポルノ」めぐり逮捕者も。「まとめサイト」の問題点とは

音事協は声明で、ディープフェイクのみならず、「まとめサイト」による「画像の無断転載によるパブリシティ権侵害や人格権侵害によるまとめ行為など」が横行していると指摘している。

アイドルも被害「ディープフェイク」まとめサイト管理人を逮捕。芸能団体は「違法なまとめ行為」を批判

ディープフェイクをめぐっては10月2日、自らの有料サイトや海外サイトに同様の動画をアップロードしていたとして、今回の5人と同容疑で大学生とシステムエンジニアの男2人が逮捕されている。捜査当局がネット上に広がる動画の全面的な摘発に乗り出した格好だ。

本格的な冬到来を目前に控え、再び感染拡大する新型コロナウイルス 「増えた時は早めに減らす努力が必要」

全国で再び感染が拡大している新型コロナウイルス。Go Toトラベル、Go Toイートというリスクの高い行動を促す経済政策が打たれる中、私たちは何に気をつけて生活したらいいのでしょう? 公衆衛生の専門家に聞きました。

コロナ に ならない ために。5つ の こと、気(き)をつけて【やさしい にほんご の きじ】

新型(しんがた)コロナウイルス に ならない ために。5つ の こと に、気(き)をつけて ください。やさしい 日本語(にほんご)の 記事(きじ)です。

「電子政府」利用できず?1週間の保守作業、法令検索や申請、パブコメなどに影響

「e-Gov」では法令や各省庁の予算、公文書に関するの情報などを検索、閲覧することができるほか、社会保険などに関する申請もネット上で行うことができる。2001年から運用が始まった。連休明けの24日火曜日の午前9時まで利用できないため、注意が必要だ。

「NOって言っても大丈夫」医師が高校生に説明した、性的同意。いま、10代に知ってほしいこと

セックスや性に関する情報がネット上などに溢れすぎているけど、何が正しい情報?ABEMAドラマ「17.3」の制作に携わったメンバーが、高校生に性教育の特別授業をしました。

“枕営業”イラストが「私の魂を傷つけた」 法廷で漫画家を伊藤詩織さんが批判

計770万円の損害賠償と該当するTwitterでの投稿の削除のほか、はすみとしこさんには謝罪広告の掲載を求めている。

「日本で絶対に報道されないトランプ支持者の集会」自民市議らが拡散の動画などは誤り、お詫びも

いずれも画像や動画は大統領選とは無関係の集会を撮影したものであり、拡散には注意が必要だ。また、集会をめぐっては「何百万人」「100万人」が参加したという情報も広がっているが、これについても「根拠不明」であると言える。

「私は普通に働きたかった」障害者アートの第一人者から性暴力、と女性2人が提訴

11月13日付で提訴されたのは、障害者や高齢者の支援事業や、障害者アートのミュージアムなどを運営する社会福祉法人グローと、この法人の理事長で内閣府や厚労省の委員も歴任した男性だ。

「感染を申告されたらトップは感謝のメッセージを」 ゼロにできない新型コロナのリスクをどう減らすか?

「コロナ疲れ」もあるのか全国で感染者が増える中、働く人の健康を守るために産業医は何ができるのでしょうか? コロナ対策が労働者の心の健康や仕事のパフォーマンスに与える影響についても聞きました。

「私、大統領になりたい」そう言った3才の女の子に、母親が話したこと。ハリス氏が伝えた希望

女性初の副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス氏。大統領選挙を見て「私、大統領になりたい!」と話す3才の女の子に、母親が伝えたこととは。

日本でも大量拡散したバイデン氏の「不正」めぐる情報。まとめサイトや、新興宗教系メディアが影響力か

BuzzFeed Newsが分析したところ、まとめサイトが既存メディアを上回る拡散力を持っている現状や、新興宗教系のメディアの存在感が浮かび上がった。いったい、何が起きているのだろうか。

逮捕の瞬間、マトリに「来てくれてありがとうございます」 薬物依存と闘う俳優が今伝えたいこと

薬物使用などで逮捕されてから4年。俳優の高知東生さんは、薬物依存を取り巻く誤解をなくすため、自らが「生き直す」過程をSNSなどを通じて発信しています。

【独自】国に対して批判的? 琉球大、日米地位協定めぐる准教授コメントの一部を修正要請

日米地位協定に関する著書で「石橋湛山賞」を受賞した琉球大学の山本章子准教授が授賞式で述べたコメントについて、大学側が同大ホームページに掲載する前に、国に対して批判的な文言の一部の修正を求めていたことが、BuzzFeed Newsの取材でわかった。

「日本から出て行け」新型コロナ感染者に差別や暴言 専門家「事件・事故のような報道やめて」

暴言、嫌がらせ、いじめや登園拒否…新型コロナに関しては差別や偏見も問題に。専門家は「事件とか事故のような報道のスタイルは避けて」と要望した。

じわじわ増える日本での感染者 職場での新型コロナ対策、産業医の果たす役割は?

新型コロナウイルスの新規感染者数が全国でじわじわと増え続ける中、感染が増えている職場での対策は急務だ。産業医の黒田玲子さんに、専門家として職場で何が問題となっているのか伺った。

家に行っても、2人きりで食事しても「同意のない性的な行為は性暴力」。いま、あなたに知ってほしいこと

内閣府などが「女性に対する暴力をなくす運動」で、性的同意についての呼びかけなど、様々な取り組みを展開しています。

「日本は子宮頸がん予防の後進国」 HPVワクチン議連で産婦人科医、接種の改善を訴える

自民党のHPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟が開かれ、産婦人科医が「先進国とは思えない状況」と日本の接種率の低さに危機感を訴えました。

緊急避妊薬の販売、気をつけることは? 薬剤師向けの動画が公開

処方箋なしで薬局で販売することが検討されているアフターピル。でも実際に販売する時に薬剤師は何に気をつけたらいいのでしょう? 学習動画を作った京都大学の薬剤師と産婦人科医に狙いを伺いました。

「マンガで勉強する」って実は、欧米では普通じゃなかった…!日本の「学習マンガ」の文化をドイツで。込められた思い

日本では歴史などを学ぶ一つの方法である「学習マンガ」。ドイツで今、学習マンガを広めようとしている、日本人を取材しました。

「週に数千円あれば」DV被害で夫から逃げると… 公助からこぼれ落ちた母親たちの実態

「ノーセーフティーネットひとり親家庭」は造語。別居や離婚前であることから、公的な制度の利用ができていなかったり、孤立してしまったりして、実質的にひとり親家庭になっている状態を指すという。

「あの日、捕まって本当によかったよ」 4年の執行猶予を終え、俳優は幸せを噛み締める

高知県から上京し、成功するため負の感情すらバネにした。サクセスストーリーを追う中で薬物に飲み込まれた男は仲間のためにも「生き直す」。

熊本のバイデン町長、ついにワシントンポストに登場。世界で報じられ仏前に報告

大統領選の開票が進むさなか、Twitterで「発見」され、一躍有名人になった梅田町長。多くの祝電が送られており、出張先の東京でも「名刺いらず」になったという。

「市民の声の力も大きい」緊急避妊薬を薬局で。橋本聖子・男女共同参画担当相に要望書を提出

緊急避妊薬の市販薬化を求める声が活発化する中、「#緊急避妊薬を薬局でプロジェクト」が11月10日、橋本聖子男女共同参画担当相に要望書と10万筆を超える署名を提出した。

大根やワケギはどこへ?穴は誰が埋めた?「大根騒動」を大阪市に聞いてみた

大阪駅前にアスファルトを突き破って生えた「ど根性大根」。11月8日夜までに引き抜かれ、穴も埋められました。騒動について大阪市建設局に取材しました。

北海道の感染拡大、寒さの影響は?Go To除外なぜしない? 新型コロナ分科会、緊急提言について語られたこと

「欧米のようになることは絶対に回避したい」と尾身茂会長は強調。今、この段階で打つべき対策を早急に打つべきであると繰り返し訴えた。

なぜ性のことは語りづらいの? 古きタブーを打ち破る2つの鍵

生理や性的同意など、タブーとされてきた性に関することにアクセスしやすくするためにはどうすればいい? クリエイティブディレクターの辻愛沙子さんに話を聞きました。

LINEで大規模障害? 「不具合」投稿相次ぐ、原因は「究明中」

メッセージが送れない、メッセージが受信できない、ログインできないなどの不具合が生じているという声が相次いでいる。

【更新】トランプ陣営の弁護団、高級ホテルと間違えて?造園業者で会見を開催。近くには大人の…

会場は郊外の造園業者の駐車場。近くにはアダルトショップと火葬場がある。

【更新】大阪駅前の大根、何者かに引き抜かれる。「誰がこんなこと…」落胆の声。ワケギが残される→穴も埋まる

大阪駅前にアスファルトを突き破って生え、話題になっていた「ど根性大根」が、何者かによって引き抜かれていました。

「私は最初の女性副大統領かもしれない。でも…」ハリス氏のスピーチに感動の声相次ぐ

アメリカ史上初の女性副大統領となることが確実なカマラ・ハリス氏が、勝利を宣言する演説で語った。

バイデン氏ってどんな人? 妻子を亡くし、シングルファーザーに。地元には「バイデン駅」も

当選確実になったバイデン氏と、副大統領となる見通しのハリス氏は、どんな人物で、どんな政治手腕を持つのか。

【更新】道に大根…生えた?「なんでやねん」大阪駅前の通行人もつっこむレベル

大阪駅前にアスファルトを突き抜け、「ど根性大根」が生え、話題になっています。

重度障害があっても安心して自立生活を送るために 障害者と共に戦う弁護士集団はなぜ作られたか?

重度障害者が地域で当たり前に暮らすために必要な公的介護。時に行政に却下される介護要請を認めさせるために障害者と共に戦う弁護士集団がシンポジウムを開きます。代表の藤岡毅さんに活動に込めた思いを聞きました。

HPVワクチン接種者が増えて不足する事態に 自治体の個別通知が増えたのが後押しか?

HPVワクチンをうちたい人が増えていることで、不足する事態も出てきていることがわかりました。製薬会社は出荷量を増やしていますが、それでも追いつかず、厚労省は医療機関にうち方を調整するよう要請しています。

通学中に電車で痴漢にあう子どもたち、どうすれば助けられる?周りの大人ができること

通学中、満員電車などで中学生や高校生も被害に遭う、痴漢。どのように抑止し、被害者を助けることができるでしょうか?痴漢抑止活動センター代表の松永弥生さんに話を聞きました。

もし電車で痴漢にあったら。周りの大人に助けを求める方法

満員電車などで通学中の生徒たちも被害に遭う、痴漢。もし痴漢に遭ったら、どう助けを求めたらいい?痴漢抑止活動センター代表の松永弥生さんに話を聞きました。

バイデン氏が「最大規模の不正投票組織を用意した」? 拡散した動画は切り取り、ミスリードに注意

民主党候補のバイデン氏の発言の一部を切り取り、「アメリカ政治史上、最大規模の不正投票組織を用意した」と発言したとミスリードする動画が広がっている。

米大統領選「郵便投票で機械的に製造されたバイデン票が発見された」は誤り。アメリカで検証済みの情報が日本でも拡散

アメリカ国内で11月1日までにファクトチェックされていた誤った情報が日本で拡散している。インフルエンサーもシェアしているが、注意が必要だ。

米大統領選「バイデン氏の不正疑惑で州兵投入」「ウィスコンシン州で投票率200%」は誤り。日本だけで拡散?

大きく広がっているのは、「ウィスコンシン州でバイデン氏の得票数が短時間で増え、投票率が200%を超える計算になる」「怪しいので州兵が集計作業に参加した」という情報だ。

HPVワクチン個別通知スタート 国のねじれたメッセージがもたらす現場の混乱

HPVワクチンは、対象者に個別にお知らせを送る方針が決まりましたが、「積極的には勧めない」という国の方針は残されたまま。保健所が接種医療機関や対象者にわかりにくいお知らせを送り、現場に混乱を生んでいます。

米メディア「大統領選が不安な人に…」と、なぜか日本の温泉カピバラ動画をオススメしてしまう

分断が深まるアメリカでは、選挙結果を多くの人が固唾を飲んで見守っている。そうした人々の「選挙疲れ」に癒しを与えてる存在として、なぜか米紙ニューヨーク・タイムズが紹介したのが、日本のカピバラだった。

【写真】一緒に投票にきた、わんちゃんや赤ちゃんが可愛すぎる…!

開票作業が進む、アメリカ大統領選挙。拮抗する両候補ですが、各地の投票所には、可愛すぎる「投票付き添い」の子どもたちや犬が訪れていました…!

トランプ氏が根拠なく「勝利宣言」をしたわけ 着々と打ってきた布石の回収に動くか

トランプ氏が一方的な勝利宣言と取れる発言をした。その背後には、トランプ氏は何ヶ月もかけて打ってきた「布石」を活用しようとする狙いがある。

「万が一、避妊に失敗しちゃったら……」大学生カップルがセックスについて話してみた!

セックスについて話し合うのはとっても大切。分かっていても「恥ずかしい…」と、踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか?そこで、大学生カップルが実際に、話しあってみました!

アフターピルがあれば「避妊ができる」と思わないほうが良い。産婦人科医に聞いた

「緊急避妊薬(アフターピル、緊急避妊ピル)」が、薬局での処方箋なしの販売も認められたとしても、「これで避妊ができる」と思わないほうが良い理由は。

「トランプ氏がウソの勝利宣言」海外メディア相次ぎ報道 本人は最高裁で争う姿勢示す

開票作業が続くアメリカ大統領選。トランプ氏が11月4日の会見で「私たちはもう勝利した」などと発言し、海外メディアが「トランプ氏がウソの勝利宣言」などの見出しで報じている。

トランプ「大勝利だ!」←Twitterは「誤解を招く可能性」と忠告。バイデン氏も牽制

郵便投票が増えていることから、選挙結果はすぐには判明しないとみられている。そうした中で、バイデン氏が声明を発表。トランプ氏もそれに呼応した。

子どもに「性的同意」や「思いがけない妊娠」も伝える絵本があります。「トイレや本棚にそっと置いておくのも」

5歳頃から読んで学ぶことができる『性の絵本』。作者のたきれいさんにお話を伺いました。

掴みかかるトランプ支持者、バリケードに囲まれたホワイトハウス… 「異例」の大統領選を伝える23枚の写真

トランプ陣営、バイデン陣営が激しくぶつかり合う今年の大統領選。ワシントンD.C.やニューヨークでは暴動を警戒してバリケードが張られている。

ネット発の陰謀論「Qアノン」支持者が米議会で初当選。彼女は何者なのか? トランプ氏の反応は?

トランプ大統領が、小児性愛組織から世界を救おうとしているという話を基礎にしたネット掲示板初の陰謀論「Qアノン」。今回の連邦議会選挙では、複数の支持者が立候補をしていたが、その一人が実際に議席を獲得することは、根拠のない陰謀論に対する信奉者の確信を強めさせることになりそうだ。

パートナーにどう伝える?性交時の痛み。「我慢すればいい」を乗り越えるには

パートナーとの性交時に痛みを感じる。だけど、「我慢すればいい」という思いから、伝えられない。性交痛について発信している情報サイト「FuanFree/ふあんふりー」運営者の小林ひろみさんに、20代の悩みにフォーカスして話を聞きました。

「生理は『恥ずかしい』もののように」教えられた。私たちが受けた性教育の問題点。

若者の間で広がる、「性」についての誤った知識の原因は何なのか?ある大学生は、自身の経験を振り返りながら、自身が受けてきた性教育の問題点を指摘します。

米大統領選、期日前に1億人投票済み 大勢判明はいつ?結果確定の前に勝利宣言?「赤い蜃気楼」シナリオとは

世界が注目するアメリカ大統領選の投票が11月3日(現地時間)に行われる。仕組みと見所、そしてささやかれるシナリオとは。

あなたが受けた性教育はどんなだった?大人にこそ知ってほしい、性の話。

性教育は子どもが受けるもの、と思っていませんか? 若い世代だけではなく、性教育を受け終わったと思っている大人にも情報を発信しているのが、性教育講師として活動する「にじいろ」さんです。

地球に帰還する「はやぶさ2」回収隊の便名が!? JALの粋すぎるはからいに感動

「はやぶさ2」は2014年12月に地球を旅立ち、2019年に約3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」に到着した。着陸、採取した物質をカプセルに収納し、同年11月から帰路につき、12月5日に上空でカプセルを分離し、オーストラリアのウーメラ砂漠に向けて投下する。

「ピルなんてまだ早くない?」と友達に笑われた。緊急避妊薬に関する、ある大学生のツイートが話題に。

友人からのDMで、同世代にも存在する「性の知識の差」を痛感したという彼女。どんな内容だったのでしょうか?

「誰にも止められなくなった」とき、社会では何が起きるのか。ある俳優が見た隔離の歴史

全国13のハンセン病療養所をめぐり、その歴史を写真に収めてきた俳優・石井正則さん。療養所に残る“場の記憶”に触れて気付いたこととは。

「死と向かい合わせになってほしくない」。がんを経て娘にHPVワクチンを接種させた母が伝えたいこと。

「相手と相手の両親に対して後ろめたくもなる。手放しで喜んでもらえないことも出てくるんじゃないかな。がん友の1人がまさにそう考えて、パートナーと別れていた。そういう姿を見るとね、子どもの健康を願わないわけがないのよ」

「家庭での性教育、上手く言葉にできなくても」5歳から読める絵本が助けます!

「インターネット上で子どもでも過激な内容が閲覧できてしまう時代、少しでも対抗できれば」

自由も、名前も、子どもまでも、奪われた。俳優が記録した「ある病」の歴史【写真】

多くの人々の人生を、自由を、そして子どもたちの命を奪った、国の「ハンセン病」隔離政策。その歴史にカメラを向け続けてきたのが、俳優・石井正則さんです。世界から切り離された13の園で何を見たのか。「国立ハンセン病資料館」で写真展を開いている石井さんに、隔離の記憶について聞いた。

「命カエシテ」強いられた堕胎、奪われた子どもの命。「ある病」の歴史と向き合った俳優、その警鐘

多くの人々の人生を、自由を、そして子どもたちの命を奪った、国の「ハンセン病」隔離政策。その歴史にカメラを向け続けてきたのが、俳優・石井正則さんです。世界から切り離された13の園で何を見たのか。「国立ハンセン病資料館」で写真展を開いている石井さんに、隔離の記憶について聞いた。

「もっと早く知りたかった」。“性教育は恥ずかしい”人へ向けたマンガがある。

『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』の著者であるフクチマミさん。知ってるようで実は知らない、性教育の大切さを聞きました。

「緊張することの前は、何か食べてから行かないと…」 心の不調に気付くためのストレスサイン

10月25日に配信したインスタライブ 「こころの不調は誰にでもあることだから。いま知りたい心のケア101」。ぁぃぁぃさんとみたらしさんがこれまで自身が経験してきた「心の不調」について、語り合いました。

「メンヘラという言葉について、どう思う?」心のケアをめぐる6つの質問

10月25日に配信したインスタライブ 「こころの不調は誰にでもあることだから。いま知りたい心のケア101」。皆さんからいただいた質問に対するみたらし加奈さん(臨床心理士)の答えを紹介します。

ほんで結局、都構想って何?「大阪都」になんの?と思うあなたへ。若者による若者への"教科書"が分かりやすかった

大阪で住民投票が行われる「都構想」。若者に関心を持ち、投票に行ってもらおうと「NO YOUTH NO JAPAN」がウェブサイト「CHOICE OF OSAKA」やInstagramで発信をしています。

ムスリムでも、体の悩みを抱えていても。日本という「異国の地」で生まれ育った彼女が叶えた夢

肌やボディラインの露出を控えた「モデストファッション」のアイテムを集めたオリジナルブランド「RAFI'E by aufatokyo」を立ち上げたアウファさんに、5つのコーディネートと、ファッションを通じて伝えたい思いを聞きました。

シャンシャン、タンタンが帰るその日まで 逢いに通うファンにお話を聞いてみた

上野動物園のシャンシャン、王子動物園のタンタンが年内に中国に帰国する予定です。逢いに通うファンのお一人に話を聞いてきました。

「痛い指入れ」に悩む人が減るように。比較動画を作った女性の実体験。

動きが激しすぎて、最後にはTENGAが吹っ飛んでいる。大人のビデオはそれほどの強さで行われているんですね。リアルとの比較動画を制作した『日本性知識普及協会』瀧本いち華さんに、お話を伺いました。

パチンコ屋へ行くと「すごく気持ちが落ち着いた」 青木さやかが明かすギャンブル依存の過去

「どこ見てんのよ!!!!」お茶の間をそんな決め台詞で沸かせた彼女。青木さやかさんは8月、パチンコがやめられず借金がかさんだ過去を明かした。今はギャンブルを「やめている」。

小学生が立ち上げたクラファンが、300万円以上を達成。遠い国の子ども達に、彼らが伝えたいこと。

ある小学生が、難民キャンプで暮らすロヒンギャの人びとのために始めた募金活動で、300万円以上を達成。そこには、遠い国の子ども達に届けたい思いがありました。

外国人のクラスター、なぜ対策が取りづらい? 無症状者へのPCR検査は必要? 分科会で議論された3つのポイント

第13回目の会合を開いた新型コロナ分科会。歓楽街での対策、無症状者へのPCR検査などについて議論が行われた。

子どもと「性」について話せていますか?高校生向けドラマが、親世代に伝えたいこと

お母さん、お父さん、子どもと性について、話せていますか?女子高校生が主人公のABEMAオリジナルドラマ「17.3 about a sex」が親世代に問いかけることとは。

三浦春馬さん出演ドラマめぐり「憶測」が拡散。TBSは「事実無根」事務所もデマに警鐘

なかでも広がっているのは監督や演出家から「パワハラ」や「ガスライティング」(心理的虐待)があったというものだ。TBSテレビ側は「事実無根」と否定。所属していた事務所のアミューズも、ネット上の「誹謗中傷」や「デマ」に警鐘を鳴らしている。

日本学術会議、任命拒否めぐる誤情報の拡散に苦言。でも、会長と副会長が明言を避けた2つのこと

推薦された学者6人の任命を、菅義偉首相が拒否したことをめぐる問題。10月29日、日本学術会議の梶田隆章会長、菱田光一副会長、高村ゆかり副会長らは会見を開いた。

17歳の女子高校生が直面する性と体の悩み。10代にドラマで「性の話」を伝えた理由

女子高校生が主人公のABEMAオリジナルドラマ「17.3 about a sex」は、10代に対し、性や体についてドラマという形で伝えています。制作陣にドラマに込めた思いを聞きました。

女の子が自分でできる避妊法「ミレーナ」を、大学生が使ってみた!

「女性主体の避妊って、あたりまえの権利」。そう強く訴える、ある大学生の体験の一部始終を取材しました。

「国民の政権への期待は…」菅首相が国会で自虐ネタ?解散総選挙めぐり

解散をめぐっては、菅首相の就任直後から早期解散説が多く報じられていた。しかしこれまで、そのような兆しはみられていない。改めて慎重な姿勢を示した格好だ。

野党の代表質問前に議員が「退席」? ガラガラの国会に疑問も、その理由は…

これは、決して与党議員が代表質問を無視しているわけではない。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「密」を避けるための対策として実施されているものだ。

【更新】不妊と中絶めぐる発言で、デヴィ夫人が謝罪。「不妊治療に当たっている方、中絶せざるをえなかった方、傷つけてしまった」

関西テレビの番組内で「不妊になる一番の原因は掻爬」などと発言したデヴィ夫人が、発言についてブログで謝罪しました。

あなたが知らない「故郷を追われた人たち」が歩む人生。6本の映画が伝える、世界のリアル

国連UNHCR協会が、配信型の映画イベント「WILL2LIVE Cinema2020」を開催します。シリア、アフガニスタン…今を生きる難民を描いた映画の視聴料金に、寄付を追加することができます。

「日本最大の規制は…」立憲・枝野氏が菅首相に投げかけた課題とは?自民・野田氏も言及

選択的夫婦別姓については「慎重に検討すべき」との考えの菅義偉首相。自民党内にも反対論は根強いが、野田聖子幹事長代行は議論を進める姿勢を示している。一方、橋本聖子男女共同参画担当相は菅首相と異なる言葉遣いで答弁した。

「報道が死ななくても済んだ人を殺している」相次ぐ芸能人の自殺、精神科医が過熱する報道に苦言

大きく報じられる芸能人の自殺。だが、そうした報道が「模倣自殺」へとつながることが科学的に実証されている。では、どのような報道が望ましいのか。

「女性が自分の人生を決める権利」を守るため。アフターピルの市販薬化を求める産婦人科医や女性たちが、国に訴えたこと

緊急避妊薬(アフターピル)の薬局での販売を認めるよう求めて活動している「#緊急避妊薬を薬局でプロジェクト」が、厚生労働省に署名と要望書を提出した。