その1枚は大聖堂が火に包まれる23分前に撮影された。奇跡の写真がネットで話題に

    「ノートルダム大聖堂を去る直前にこの写真を撮影しました。もしもこの父親が望むなら、写真をプレゼントしたいと思ったんです」

    ノートルダム大聖堂が火に包まれる23分前に撮影された1枚の写真がインターネット上で話題になっています。写真を撮影したブルック・ウィンザーさんはこのとき、まさかこの写真がこれほどの意味を持つとは想像すらしていなかった。

    Brooke Windsor / Via Twitter: @brookeawindsor

    写真には微笑ましい2人組が写り込んでいた。

    23分後、何が起こったかは皆さんご存知の通り。

    Geoffroy Van Der Hasselt / AFP / Getty Images

    ブルックさんはこの写真に写り込んだ男性と子どもを探すことを決めた。

    Brooke Windsor / Via Twitter: @brookeawindsor

    「もしもこの父親が望むなら、この写真をプレゼントしたいと思ったんです」とブルックさんはTwitterに投稿した。

    Brooke Windsor / Via Twitter: @brookeawindsor

    「Twitterの皆さん、もしも奇跡が起こるのなら、彼を見つけてください」

    後にブルックさんはこの男性が正確には子どもの父親であるかは定かでないと追記している。

    「彼を見つけるまで、彼が叔父なのか兄弟なのか、友人なのかはわかりません」

    まだこの男性の身元は判明していない。だが、彼女は諦めるつもりはないようだ。

    -No, I have not been able to find the folks in the photo but I am hopeful. Twitter sure knows how to step up 🤗 -Yes, you may share this photo as you wish. Help us find the man and child 💕

    RTは13万件以上、いいねは27万件に到達しようとしている。果たしてTwitterの奇跡は起きるのだろうか…?

    Twitter / Via Twitter: @brookeawindsor

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:千葉雄登