「エルサの格好をしたいけど、人に笑われないか心配...」息子の不安を聞いたパパ→一緒にエルサになって映画館へ!

    親子で "未知の旅へ" と踏み出したようですね♫

    この子は、コリン・スチュアートくん(6)。

    コリンくんは、エルサが大好き!『アナと雪の女王2』が上映される前には、パパのスコットさんに「エルサの格好をして映画館に行きたい」とおねだりしていました。

    Disney

    しかし、映画の上映が近づくにつれて、コリンくんにはある不安が芽生えました。「笑い者にされたら、どうしよう…」

    Disney

    「人前で上手に立ち振る舞うために、好きなものを手放して、本当の自分を押し殺す。それとも、勇気を持ってありのままの自分でいる。どちらを教えるべきか、悩みました」と、スコットさんはBuzzFeedに明かしました。

    「でも私たちは、彼にはありのままの自分でいるように言いました。そして彼をサポートするために、私もエルサのコスチュームを着ました」

    動画内でも、スコットさんはこのように話しています。

    「うちの子が、エルサの格好をして映画館に行きたがっている。だから言った。パパも同じ格好をして、一緒に行くよって」

    2人がエルサのドレスに身を包んで歩く動画は、TikTokで1000万回以上も再生されました。コメントも多く寄せらています。

    TikTok

    「超似合ってるよ、最高のパパだね!」

    「あなたは全パパ・ママのお手本」

    「動画を最後まで見なかったら、激怒しちゃうところだったよ!」

    スコットさんによると、コリンくんは3歳からエルサの大ファン!以前は、エルサの人形を肌身離さず持ち歩いていたそうです。

    「ぜひ、多くの人にこの動画を見てほしいです。勇気を持って、ありのままの自分でいる子どもの姿を見てほしい。そしてその勇気があれば、味方になってくれる人がいることも知ってほしい」

    Disney

    スコットさんは、児童文学作家として活動しています。彼の作品「My Shadow is Pink(僕の影はピンク色)」は、コリンくんの話から着想を得たそうです。

    とっても素敵なお話でした❤️コリンくん、スコットさん、ありがとう!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:吉谷麟